ノンバンクとは

  • 預金により貸付原資を調達する銀行(バンク)に対し、貸金業事業者は資金調達を銀行からの借り入れや他の金融市場(社債や増資など)で行う。そのため、別名「ノンバンク」ともいう。
  • 預金業務を行わず、銀行からの融資などによって調達した資金で与信業務を行う機関。銀行は免許制であるのに対し、ノンバンクは貸金業規制法に基づく登録制で開業できる。消費者金融、クレジット会社、信販会社などがこれにあたる。
  • 預金等を受け入れる業務をせずに与信業務を行う機関。信販会社,リース会社,クレジット会社など。法律上は出資法または貸金業規制法にもとづく貸金業者とされる。預金者保護のため規制が厳しい銀行などに比べて規制が少ないため貸出残高は急増した。

出典:wikipediaなど